いきなりですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?

多くの人は行ったことはないはずです。

借り換えを行う時のために流れを確認しましょう。

まずはじめに行うのは、現在のローンを再確認することです。

銀行のHPにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総費用を確認してみましょう。

シミュレーション後は借入銀行探しです。

金利だけでなく、手数料などの諸費用を見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら最も条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは金利固定だから完済まで放置してもいいという認識を持っているようです。

平成21年4月から借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35同士で借り換えを行うとお得な場合も多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から変動金利に借り換えをする場合が多いです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでそのまま低金利のままならお得になりますが、金利上昇リスクも出てきます。

金利変動リスクの心配をしたくない人は固定金利制をお勧めします。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行に完済することで債務を別の銀行に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

では、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

ベストなタイミングは誰にも予測できません。

その理由としては住宅ローン金利が今後どうなるのか専門家も予測不可能だからです。

そのため、借り換えメリットが月収以上の金額になったときがオススメのタイミングです。

現在のローンよりも金利の低いローンへ変更する住宅ローン借り換えですが、申し込みを行うに際して必要なものが多く大きくカテゴリー分けすると3つになります。

1つ目は現在の本人確認書類などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる登記簿などの書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい書類ですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

金融機関によっては必要な書類が変わってくるので審査直前に慌てて用意するのではなく余裕を持って用意しましょう。

皆さんは住宅ローンを契約する際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を支払わなかった人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなるのが悩みどころです。

そういった場合に返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや住宅ローンの返済を滞納したことがある場合です。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行う場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

その理由としてはローン控除では1%の所得税が還付されるので繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

夢のマイホームを買う際に多くの人が住宅ローンを利用します。

中には、毎月の返済が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えを行うことです。

ただ借り換えのメリットで今よりも得することを考えると当然、今借りているローンよりも金利が低くならなければいけません。

その際のメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

確認する際に気をつけることとして、シミュレーションをしたところ20万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費計算を忘れていてそんなに得にならなかったということもあります。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には

住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも求めていますよね。

どういったメリットで選ぶかを具体的に考えましょう。

保証料は金利換算で「毎年0.2%くらい」の金利と言われています。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」と言われています。

一円から返済できる、といったことが大切です。

また、一番のメリットと言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減ります。

皆さんは住宅ローンを組んだ際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなくてもローンは組めますがその場合、毎月の返済額が高くなります。

そういった場合に返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

「1度ローンを組めたから借り換え審査も大丈夫」と思っているようですが場合によっては審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初の審査の時よりも物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや住宅ローンの返済を滞納したことがある場合です。

こういったことがあるので1度通ったからと安心しないようにしましょう。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だからローンを組んだらそのまま放置するものという認識はありませんか?実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うことができ、お得になるんです。

基本的には金利差が0.3%あればお得になります。

ネット上で借り換えについて説明されているのは固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動の方が金利は1%から2%低く設定されているので一見お得に感じますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

住宅ローンを組んでいる際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は受けられるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが控除をフルに利用するには、返済期間を10年以上にすることや控除をフルに活用するには、返済期間を10年以上にすることやその理由としてはローン控除では1%の所得税が還付されるので繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払う金利が大きくなります。

今のローンよりも金利の低いローンへ変更する住宅ローン借り換えですが、借り換え審査に際して必要なものが多く大きくカテゴリー分けすると3つになります。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は給与証明書などの役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる間取り図などの書類になります。

勤務先・役所で取得する書類は用意しやすいですが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないものです。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合は別の書類が必要になることもあるのでよく必要書類を確認しましょう。

ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え融資はいつから可能なのでしょうか。

最短での経過日数はわかりませんが半年からメリットがある場合もあります。

例えば、フラット35の借り換え融資を利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なくできている方という項目があり、他の銀行もほとんど同じ審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには登記などの手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくい可能性が高まります。

新規の借入時よりも金利が低くなっていればメリットはありますが、最低でも1年以上返済をした後に検討しましょう。

住宅を購入する際に住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件次第で利用できます。

しかし、この制度を利用するには勤務先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので余裕を持って準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという目的になっているか借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に我々が借り換えを行う理由としては借金を返すためではなく金利を見直すためなので借入額が増えていたりしなければ適用可能なことが多いです。