マイホームのための大事な住宅ローンについて考えます。

新生銀行住宅ローンの金利は今?

新生銀行における、住宅ローンの金利を簡単ではありますが、調べてみました。

金利変動タイプでしたら、基本毎月新生銀行にてアナウンスされる金利マイナス、適応プランによって変わってくるようです。

当初借入れタイプとして、変動タイプ(半年型)ならば0.980%となっており、当初固定金利タイプでは、1~3年で1.600%、5年では1.650%、7~10年では1.700%となっているようです。

その借入れ期間が終わると、借入れ元本残金が500万以上か、未満かで、住宅ローンが分かれてきます。

以上では、半年型をまた適応する場合は、基準金利から年0.4%を引いたものになります。

当初固定金利タイプの場合は、基準金利から0.7%を引く形になります。

未満の場合、その時点でのタイプ(半年型か、当初固定型か)の住宅ローン基準金利が適応されます。

マイナス分は一切ありません。

そのほかに、新規借入れの方専用のものとして、10年間特約付変動金利というものが存在します。

これは住宅ローン基準金利から、年0.5%のマイナスというものになります。

期間が終わってしまうと、借入元本残額が500万以上で変動金利タイプ、あるいは当初金利固定タイプがあります。

後者を選ぶのでしたら、住宅ローンの基準金利から年0.4%引く形のものとなります。

元本残額が500万に満たない場合は、その時点での住宅ローンの基準金利となります。

長期固定タイプですと、20年で2.250%、25年で2.350%、30年固定で2.450%、35年で2.500%の金利となっています。

新生銀行住宅ローンは低金利で繰上げ返済手数料や保証料無料などサービスが充実、借り換えでも人気です。

新生銀行住宅ローン借り換えの専門情報サイトです。住宅ローンの返済の負担を軽くする借り換え方法までご案内。

住宅ローン審査で参考にしたサイト

住宅ローン審査通らない理由!【審査基準甘いフラット35とは?】
住宅ローン審査に通らない原因を調査し、審査に通らないとお悩みの方にもっともおすすめの住宅ローンをご案内!収入や健康の基準を満たすコツなど絶対に役立つ情報をご覧ください!
住宅ローンを借りられないとお悩みの方に今おすすめの住宅ローンをご紹介します。住宅ローン審査に通るためにはどのようなことをすれば良いのか、そしてどのような点を改善すれば良いのかがわかります。ぜひ参考にしてください。
www.jutakuloan-shinsa-toranai.com/

カテゴリー: 新生銀行の住宅ローン
新生銀行住宅ローンの金利は今? はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

«

»



▲Pagetop