NISAの口座開設で失敗しないために!デメリットを検証

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までなので、これから運用を始めるという人には、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAとは簡単に言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年にスタートして、年あたり120万円が非課税枠として用意されています。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株式や投資信託の配当金や分配金や譲渡益といったものがそれに該当します。

NISAの期間は最長5年までで、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

念のため解説すると、120万円までという枠ですから、合計120万円を超える商品は購入することはできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

参照:http://www.kabuho.net/

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、NISAの場合、引き継ぐ際に手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAの期間は2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株だと、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金より投資のほうがリスクが大きいという比較してどうかという話ではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

あとはもちろん自分がなぜ投資をするのかということを合わせて整理するとおすすめは自然と見えてきます。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことはよく言われていますが、少額投資するとなると実はそれなりのリスクもあるのです。

基本的に投資の世界では株式取引が中心になりますが、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

となるとお金がないと参加は難しいですし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAで取引可能な商品はというと、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクな債券も対象外です。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのではと考えられて作られたのだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限が切れる前に通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAの始め方から丁寧に教えてくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAと積立NISAの違いについて分かりやすく説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAでは投資信託のみの運用になりますが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

参考: