マイホームを建てたいなら住宅ローン審査が必須

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。
ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。
そこで、現金ですぐに支払いができる。
という感じは、一般市民にはなかなかできません。
それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。
どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。
マイホームが欲しい!と思ったとき住宅ローンが力になってくれるでしょう。
銀行・信用金庫から申し込み可能ですがまず不動産屋に行く人が多いと思うのでその会社で協力している銀行などに申し込みをしても良いでしょう。
返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長いもので最長35年が選べます。
しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。
たいてい40歳以上の方の申し込みの場合からなかなか通りづらい。
という傾向が強いようです。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
頭金無しでも住宅が購入できる!と言った様な広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローン減税を申し込む方が多いです。
住宅ローン減税審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。